任意売却をするために重要な情報を知る~カシコク売買術~

不動産

北海道の住宅ローン

電卓

住宅ローンの救済措置

北海道で住宅ローンの返済が困難となり、競売にかけられてしまいそうな状態の方はいないでしょうか。しかし、「任意売却」という制度があります。競売にかけられてしまう前に任意売却を検討してみましょう。任意売却とは、住宅ローンの残債がある状態でも不動産を売却することができるというものです。通常、住宅ローンの残債がある場合には不動産を売却することは認められていません。しかし、任意売却の制度を利用すれば売却することができるのです。競売により不動産を売却された場合、一般的な相場よりも非常に低い金額での売却がほとんどで、住んでいる住人も強制的に立ち退かされてしまいます。しかし任意売却の場合は、通常の売却と同程度の相場での売却ができ、明け渡しについても融通がきくという違いがあります。

相談を行っている場所

任意売却はだれでも簡単に利用できる制度ではありません。なぜならば、任意売却は債務整理の一種であり様々な手続きを行う必要があり、金融機関の了承を得る必要があるためです。特に困難なのが金融機関の了承を得るということです。病気で働けなくなってしまったなどのやむを得ない理由がない限り、そうそう金融機関は認めてくれないでしょう。任意売却を自分一人で手続きするということは難しいので、専門の機関や業者に相談して行うのが一般的です。北海道にはそのような場所は多数あります。特に大都市である札幌に多く集まっており、依頼する債務者も札幌に多く見られます。札幌には任意売却の相談を専門的に扱う機関もあるので、札幌以外にお住まいの方でもこのようなところに相談してみるとよいでしょう。